FC2ブログ

辰已法律研究所 専任講師

司法書士 海老澤毅 ブログ

Judicial scrivener

余韻
この記事を読む

余韻

-

 本試験が行われてから数日経ちました。 皆さんそれぞれの思いで過ごされてきたでしょう。 来年また挑戦される方、先ずはしっかりと休息をとって(特に精神的に)、フレッシュな気持ちで再スタートすることをお勧めします。 また、確かな手ごたえを感じた方、頑張りが実ったのです。もう少し勝利の余韻を楽しんでください。  シーバス三兄弟。 私は、どちらかというとシングルモルトを飲むことが多いのですが、ブレンデッド...

受験生のみなさんへ
No image
この記事を読む

受験生のみなさんへ

-

 おはようございます。今日が来ました。 みなさんも、もう承知していることだとは思いますが、もう一度次のことに気を付けてください。 ①わからない選択肢があったら、あまり考えずに直ぐに次の肢に移る。考えてもなかなか正誤判断はできないし、頭を疲労させてしまいます。 ②特に午後において、他の受験生の進捗状況を気にしない。もちろん時間内に書ききれなければなりませんが、早く終わったからといって沢山点数をもらえる...

祈願
この記事を読む

祈願

-

  商法511条2項 保証人がある場合において、債務が主たる債務者の商行為によって生じたものであるとき、又は保証が商行為であるときは、主たる債務者及び保証人が各別の行為によって債務を負担したときでも、その債務は、各自が連帯して負担する。 民法では特約がなければ、保証は連帯保証とはなりませんが、商法では、以下の場合には当然に連帯保証になるとしています。 ① 債務が主たる債務者の商行為によって生じたとき。...

紫陽花
この記事を読む

紫陽花

-

 紫陽花が、ところどころで綺麗に咲いています。 ほかの花にはない、何か落ち着くような気持にしてくれるこの花が好きです。    こんなご質問を頂きました。 公開会社において、株式併合に際して定めた発行可能株式総数が、株式併合後の発行済株式総数の4倍を超えている場合、株式併合が無効になるのか、発行可能株式総数の変更のみが無効になるのかというものです。 たとえば、発行可能株式総数が4000株、発行済株式数が1...

匿名組合2
この記事を読む

匿名組合2

-

商法540条(匿名組合契約の解除) 匿名組合契約で匿名組合の存続期間を定めなかったとき、又はある当事者の終身の間匿名組合が存続すべきことを定めたときは、各当事者は、営業年度の終わりにおいて、契約の解除をすることができる。ただし、六箇月前にその予告をしなければならない。2 匿名組合の存続期間を定めたか否かにかかわらず、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、何時でも匿名組合契約の解除をすることができ...