FC2ブログ

Old Man

ebisawatakeshi

-
 映画、“さらば愛しきアウトロー”が公開されています。

 ロバート・レッドフォード主演で、これが彼の最後の出演作品になると言われています。

 レッドフォードは、子供のころからのファンで、憧れの存在であり続けた大人です。

 俳優として、そして監督として私を大いに楽しませてくれました。昨今の芸能人のように私生活を売り物なんかしない、本当のスターです。

 “明日に向かって撃て”、“スティング“、”華麗なるギャッツビー”、“ナチュラル”、“大統領の陰謀”、“ブルベイカー”・・・・。

 日比谷の映画館で観てきました。
 この映画館では、夫婦のどちらか一方が50歳以上だと鑑賞料が安くなる制度があるので、一人でいらしているご婦人にチケットを購入するときだけ夫婦になりませんか、ともちかけようかと思った(ほんのちょっとだけ)のですが、私以外の方は、ほとんどが通常のシニア割引を受けられる様子だったので、通常の料金で入りました。

 映画は、主演はもちろん、共演している俳優陣もすばらしく、とても良かったです。レッドフォードの若いころの写真やフィルムも使われており、楽しめました。
 感動させようとか、泣かせようといった、安っぽい演出のない、上質な作品でしたよ。興味のある方は、是非ご鑑賞ください。

 ところで、映画の原題は“The Old Man & the Gun”です。

 とくると、“THE OLD MAN AND THE SEA”を連想しますね。
 さっそく、本棚からヘミングウェイの「老人と海」を引っ張り出して、通勤電車で読み返しました。
 「かれは年をとっていた。メキシコ湾流に小舟を浮べ・・」

 「少年がかたわらに坐って、その寝姿をじっと見まもっている。老人はライオンの夢を見ていた。」(福田恆存訳)
 なんど読んでも、読後感のよい小説です。

 レッドフォードのような、今回彼が演じたフォレスト・タッカーのような、サンチャゴのような「Old Man」になりたいです(なんだかごちゃごちゃだけど)。

 190727 Old Man【画像】
 ポケットに銃を、
 唇に微笑みを、
 人生に愛を。


 にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ