FC2ブログ
商行為の代理
この記事を読む

商行為の代理

-

 商法504条(商行為の代理)  商行為の代理人が本人のためにすることを示さないでこれをした場合であっても、その行為は、本人に対してその効力を生ずる。ただし、相手方が、代理人が本人のためにすることを知らなかったときは、代理人に対して履行の請求をすることを妨げない。 商行為の代理人が本人のためにすることを示さなかった(非顕名)の場合、民法の規定と異なるのは次の点です。① 相手方が、悪意又は善意有過失でな...

商人間の留置権
この記事を読む

商人間の留置権

-

 商法521条  商人間においてその双方のために商行為となる行為によって生じた債権が弁済期にあるときは、債権者は、その債権の弁済を受けるまで、その債務者との間における商行為によって自己の占有に属した債務者の所有する物又は有価証券を留置することができる。ただし、当事者の別段の意思表示があるときは、この限りでない。 商人間の留置権の成立要件は次の通りです。 (1) 被担保債権についての要件  ① 当事者双方...

商行為法
この記事を読む

商行為法

-

 今年の試験合格を目指している受験生のみなさん、つらい時期ですが焦らずに残り2か月程を有効に過ごして下さい。 択一午前の最終問題(第35問)は、商法総則や商行為法からの出題が続いています。 昨年は「寄託」のうち、“客の来集を目的とする場屋の主人が負う責任”について問うものでした。 ア、イ ウは、それぞれ商法594条1項、2項、3項から、 エは、同法595条から、 オは、同法596条1項及び2項からの出題で、まったく...